ご希望のホテル・旅館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトホテル・旅館リサーチ

ホテル情報

「社団法人日本ホテル協会」とは



「日本ホテル協会」とは、1909年に「日本ホテル組合」として創設された団体です。初代会長は、日本帝国ホテルの大倉喜八郎が務め、28のホテルが集まり活動を開始しました。その後、名称を「日本ホテル協会」に改名し、1941年には鉄道大臣の許可を得て社団法人となりました。1952年には、100ヵ国以上の構成会員から成る国際ホテル協会にも加盟しました。

日本ホテル協会の活動

日本ホテル協会では、ホテル業全体の質の向上や社会貢献のために、様々な活動をしています。また、日本ホテル協会へ加盟するホテルも日々増えています。100年の年月をかけて、現在では240以上のホテルが加盟する大型組織へと成長しました。どのホテルも協会が定める基準を満たしているため、質の高いホテルがそろっています。

協会加盟ホテルの情報発信

協会加盟ホテルの情報発信

日本ホテル協会のウェブサイトには、加盟ホテルが行なっているイベント、レストランの新メニュー、宿泊プランなどの新着情報が紹介されています。また、地図や施設などからホテルを検索することもできます。

日本のホテル業界の質を上げるために

日本のホテル業界の質を上げるために

日本ホテル協会では、サービスの向上を図り業界の質を上げるため、スタッフの育成に対する活動に力を入れています。スタッフに対してマニュアルビデオを作成し、旅館などの関連企業や専門学校にも配布しています。英語・中国語・韓国語の教材を提供し、海外からの宿泊客に対しても、対応ができるようにしています。

経営者への教育・協力

経営者への教育・協力

経営者に対しては、ホテルを経営していくうえで役に立つ情報を公開しています。さらに上を目指す経営者のためには、必要なテーマを取り上げたセミナーを開催しています。行政機関などに質問や意見がある場合は、協会を通すと協会所属の顧問弁護士や公認会計士が力になってくれます。

社会貢献、ホテル産業発展のための活動

社会貢献、ホテル産業発展のための活動

日本ホテル協会は、国に対する社会貢献やホテル業発展のためにも活動しています。例えば、1920年には、のちの日本交通公社と協力し、入港する外国船にホテルの空き室状況を知らせて貿易をスムーズにしました。1961年には、東京オリンピックのために準備委員会を発足して、東京オリンピックの給食業務を遂行しました。近年では、観光庁がすすめている「観光立国の実現」に全面的に協力をしています。また、環境問題・災害・感染症などに対しても、調査や研究を積極的に行なっています。

日本ホテル協会の会員になるためには

日本ホテル協会の会員になるためには

日本ホテル協会の会員になるためには、正会員の資格を満たし、かつ協会が定めている施設基準・その他の基準を満たさなければなりません。部屋数・客室収容人数によるロビー面積の広さ・食堂の設置・フロント要員の数などについての基準があります。