施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のホテル・旅館情報を無料で検索できます。

ホームメイトホテル・旅館リサーチ

ホテル情報

ホテルと旅館の違い



ベッドが置いてあってシャワーがついている洋式の宿泊施設が「ホテル」、温泉があり布団を敷いて就寝する和式の宿泊施設を「旅館」として区別されることが多いですが、ホテルと旅館では、営業形式やサービスに様々な違いがあります。ここでは、ホテルと旅館の違いについてご紹介します。

営業形式による違い

ホテルと旅館は、旅館業法という法律によってそれぞれ「ホテル営業」、「旅館営業」に営業形式が分けられています。それぞれ、構造や設備に対する基準が定められています。しかし、名称による制限はないため、ホテルと名前が付いている宿泊施設であっても、実は営業形式は旅館営業であることがあります。

ホテル営業

客室の数は10室以上、うち5室以上は洋室であり、シャワーや浴槽などの設備が洋式であることが条件です。また、共有部分のトイレは洋式(水洗)であり、男女別にしなければいけないという決まりがあります。

旅館営業

客室の数は5室以上で和式の構造や設備にする必要があります。ホテル営業は入浴施設が必要ですが、旅館営業の場合、旅館近隣に温泉や銭湯などの入浴施設があれば、旅館内の入浴設備は必ずしも必要ではありません。また、洋式の客室を備える場合は、ホテル営業の基準に沿った設備や構造が求められます。

サービスやルールの違い

サービスやルールの違い

旅館とホテルでは、サービスや施設内でのルールが異なります。その違いは、ホテルは外国から取り入れた宿泊施設であるのに対して、旅館は日本独自の宿泊施設であることに由来します。ここでは、一般的なホテルと旅館の違いをご紹介します。

ホテルの特徴

料金は室料のみで、食事はついていないことが多いです。併設されたレストランやカフェの朝食券が付いていることもあります。室内は、ベッドの上以外は基本的に靴を履いたまま、土足で過ごします。スリッパが部屋に置かれていることもあります。また、客室の外をスリッパやパジャマで出歩くことは禁止されています。入浴は、客室についているバスルームで行ないます。海外の場合は、スタッフに用事を頼んだときはチップを渡します。日本では、基本的にサービス料が室料に組み込まれているため、チップを渡す必要はありません。

旅館の特徴

料金は1泊2食付きなど、食事代込みであることが多いです。室内では靴を脱ぎます。仲居が部屋にきて、布団を敷いたり、食事を客室まで運んでくれたりします。また、客室の外であってもスリッパや浴衣で出歩くことができます。入浴は、旅館内または近隣の温泉に入りに行きます。部屋に通されたあとは、担当の仲居に「心づけ」を渡すことがマナーとされています。金額は1,000~2,000円が相場で、ポチ袋や白い包み紙に入れて渡します。しかし最近では、サービス料が料金に組み込まれている旅館も多くあり、断られるケースもあります。