ご希望のホテル・旅館・宿情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホテバンク
ホテル・旅館・宿
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ホテル情報

ホテルの総支配人とその仕事



ホテルは「宿泊部門」「レストラン部門」「イベント部門」「調理部門」など、いくつかの部門に分かれています。そのすべての部門をまとめて、ホテル全体を取り仕切っているのが総支配人です。「ジェネラルマネージャー」や「GM(ジーエム)」と、呼ばれることもあります。総支配人は、ホテルの中でトップに立つ人物で、ホテルに対する影響力は絶大です。総支配人によって、ホテルの経営状況が変わると言っても過言ではありません。

ホテル総支配人の仕事

ホテル総支配人の仕事

総支配人は、ホテルの売上を上げることが仕事です。また、オーナーらと共に、そのホテルがどんな運営を行なうのか方向性を決める役割もあります。そのためには、ホテル全体を見渡す必要があり、仕事内容は多岐にわたります。

経営管理

総支配人は、ホテルの経営を管理しています。売上を伸ばすために、ホテルの経営方針・経営計画・事業計画を考え、予算管理を行なうのも総支配人の仕事です。また、売上管理をして、常にホテルの経営状況を把握する必要があります。

ホテル内のチェック

ホテル内を歩き、掃除や設備の不備はないか、各部門の仕事はしっかりとできているかなどをチェックします。歩きまわることによって、ホテル全体の状況や現場の声、利用者の声を知ることができ、総支配人としての仕事をスムーズに進められます。

接客

ホテルのトップである総支配人であっても、他の従業員と同様に顧客に対して接客を行なうこともあります。また、お得意様や著名人、皇族や国賓などのVIPが訪れた際は、総支配人は必ずあいさつに行き、場合によってはそのまま接客を担当します。

各部門への対応

各部門の責任者に経営方針や改善点などの指示を出します。また、ホテル内で何か問題が起きたとき、各部門の責任者はすみやかに総支配人に報告をする必要があります。報告を受けた総支配人は指示を出すだけでなく、直接対応をする場合もあります。各部門の業務がスムーズに行なえるように常に目を配らせています。

実力重視の世界

旅館主(オーナー)は、家族間で引き継がれていくことが多いです。それと比べるとホテルの総支配人は、実力さえあれば誰でもなることができますが、ホテルの経営やホテル業務を仕切るなど、責任が非常に大きい仕事です。そのため、経営がうまくいかなかったり、不祥事を起こしたりした場合は、即クビとなることも考えられます。経営が順調で実績を残すことができると、他のホテルから声がかかることもあります。また、実績が評価され、所属するホテルよりもグレードの高いホテルへ移っていく総支配人もいます。