ご希望のホテル・旅館・宿情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホテバンク
ホテル・旅館・宿
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ホテル情報

ホテルの調理部門とその仕事



ホテルの「調理部門」とは、ホテル内での料理を作るスタッフで構成されている部門です。レストランやイベント時の宴会の味やセンスは、ホテルの評判にダイレクトに響きます。そのため、顧客満足度を高めるために重視されている部門です。

ホテルの宴会とレストラン

ホテルの宴会とレストラン

ホテルの調理部門は、「宴会部門」と「レストラン部門」に分けられていることが多いです。この2つの部門をまとめているのは「総料理長」です。総料理長の主な仕事は、調理部門で働くスタッフの全体の統括や、メニュー決め、部門内での人事などです。総料理長が自ら料理をすることは、少ないとされています。

宴会部門

「宴会部門」とは、「ブライダル」と呼ばれる結婚式披露宴や、「一般宴会」と呼ばれる会社の会合やお見合いパーティーなどの調理を担当する部門です。大人数向けの料理を、タイミング良く素早く作る必要があるため、宴会サービス担当者との連携が重視されます。

レストラン部門

ホテル内にある、レストランにて調理を担当する部門です。ホテル内には、複数のレストランがあることが多いです。

ホテルの調理部門で働く人

ホテルの調理部門で働く人

ホテルの調理部門には、様々な人が働きホテル利用者に料理を提供しています。調理の際は、それぞれ担当の分野を決めていることが多く、ある一定の調理のみを行なう人が多いです。

シェフ

ホテル内の各レストランに所属している調理責任者です。自ら調理することも多く、調理以外の主な仕事は、レストランのメニュー決めやコックたちへの指導・指示出しなどです。

ソーシエ

ホテル内の宴会場やレストランなどで使用するソースのみを作ります。ホテルの調理部門では、豊富な種類のソースが必要とされており、量も多く作る必要があります。そのため、調理の効率をよくするために、ホテル中のソースの作成をソーシエがすべてを引き受けています。

ブッチャー

ホテル内で使用するすべての肉の下処理を担当します。毎日、各レストランからのオーダーを受け、オーダーに合わせて肉をカットします。

ベーカリー

パンのみを担当します。ベーカリーの焼いたパンは、ホテル内の宴会・レストランで使われ、ときにはテイクアウト用として販売されていることもあります。また、ベーカリーは調理部門では朝いちばん早く仕事にとりかかります。

ペストリー

ケーキやクッキーなどのデザートやお菓子を担当します。レストラン・宴会でのデザートはもちろんのこと、結婚式でのウエディングケーキやアメ細工、ホテル内で販売されるお土産の焼き菓子、テイクアウト用のケーキなど様々なお菓子を作ります。