施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のホテル・旅館情報を無料で検索できます。

ホームメイトホテル・旅館リサーチ

ホテル情報

JALホテルズの特徴



JALホテルズ」とは、ニッコー・ホテルズ・インターナショナルとホテルJALシティの2つのホテルチェーンを展開している、ホテルオークラグループのホテル経営会社です。ここでは、JALホテルズについてご説明します。

JALホテルズの歴史

JALホテルズの歴史

JALホテルズは、JALの名が付く通り、日本航空(JAL)の出資により1970年に設立した日本航空開発株式会社が経営を行なっていました。1973年に創業した沖縄グランドキャッスルにはじまり、1978年にホテル日航成田など、就航地周辺に展開し、1984年にはホテル・ロイヤル・タイペイ、1987年にホテル・ニッコー・サンフランシスコなど、海外にも広がります。

1990年代以降、バブル崩壊などを経て、一部ホテルは他企業へと株を売却されていきました。2010年には、主要株主が株式会社日本航空インターナショナルから株式会社ホテルオークラへと変わりましたが、「ホテルJALシティ」ブランドはそのまま継続されています。

北海道から沖縄まで全国に展開しているホテルJALシティと、国内外で展開しているニッコー・ホテルズ・インターナショナルで50を超えるホテルが経営されており、総客室数は1万5,000室以上です。

ニッコー・ホテルズ・インターナショナル

ニッコー・ホテルズ・インターナショナル

シティホテルやリゾートホテルを、日本だけでなく世界各国で経営しています。海外であっても、日本のおもてなしサービスを徹底しています。

日本の味を海外でも

レストランでは、日本だけでなく海外にあるホテルでも、洋食や中華料理だけでなく、本格的な日本料理レストランを楽しむことができるのが特徴です。ホテルによって、和食、鉄板焼き、麺類など、様々な日本料理を楽しむことができます。

ワンランク上のホテル

日本ならではのホスピタリティはもちろんのこと、防災・防犯面の徹底やアクセスしやすい立地条件などを追求しています。旅の疲れを癒すことのできるスパやサウナなどの施設も充実しています。また、最高レベルの5つ星ホテルとして認定されているホテルがいくつかあります。

ホテルJALシティ

ホテルJALシティ

ホテルJALシティは、日本国内でのみチェーン展開している宿泊特化型ホテルで、ビジネスによる宿泊客を主なターゲットとしています。どのホテルでも、アクセスしやすい場所に位置しており、JAL国内線就航地や県庁所在地付近に建てられていることが多いです。そのため、ビジネスだけではなく、観光旅行の際に利用する人も多くいます。

客室タイプ

客室は、シングルが中心となっていますがツインやダブルの部屋もあります。一般的なビジネスホテルに比べると、広くゆったりとした作りになっているのが特徴です。

充実した施設環境のホテル

ホテルJALシティは、宿泊特化型ホテルであることから、レストランはコーヒーショップのみなど簡単なものが基本です。しかし「ホテルJALシティ田町 東京」では、和食・洋食・中国料理3つのレストランの他、チャペルや神殿なども併設されており、結婚式を挙げることもできます。