ご希望のホテル・旅館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトホテル・旅館リサーチ

ホテル情報

名鉄ホテルグループの特徴



名鉄ホテルグループは、名古屋鉄道株式会社(以下 名鉄)のグループ各社が愛知県を中心に中部地方各地で運営するホテルの総称です。名古屋鉄道や系列鉄道の沿線にチェーン展開しており、シティホテルやビジネスホテルがあります。名鉄をはじめとする主要駅に直結しており、駅のすぐ近くにあることが特徴です。

名鉄ホテルグループの歴史

名鉄ホテルグループの歴史

名鉄グループの歴史は、1894年に愛知馬車鉄道の設立から始まりました。ホテル事業は、1965年の名鉄犬山ホテルの開業から始まり、現在では各ホテルブランドをグループ各社が運営する体制となっています。犬山ホテルの開業前、名古屋都ホテルが1963年に開業するなど、近畿日本鉄道グループによる愛知県への進出が活発になっていました。名鉄グループは名古屋都ホテルに対抗するかたちで、1967年に名古屋駅前にある名鉄バスターミナルビル上層階に名鉄グランドホテルを開業しました。その後、1985年に名鉄ニューグランドホテルを新館として開業し、2007年には客室を改装しています。

近鉄と名鉄は1995年に開業した岐阜ルネッサンスホテルを共同運営していましたが、現在は名鉄が撤退して岐阜都ホテルとなり、近鉄グループの都ホテル&リゾーツチェーンに所属し、近畿ホテルシステムズの運営となりました。名鉄ホテルグループは、他にも2007年に名鉄イン株式会社を設立、名鉄グループの特性を活かしたビジネスホテルを展開しています。

名鉄犬山ホテル

名鉄犬山ホテル

1965年開業と、名鉄ホテルグループの中でも古く、中心的存在のホテルです。愛知県犬山市にあり、木曽川や国宝でもある犬山城という眺望と、敷地内にある日本庭園の有楽苑(うらくえん)、国宝茶室如庵(じょあん)や重要文化財旧正伝院書院を備え、古くから政財界にも畳用されてきました。

開業時には、名古屋の中でも格式高い老舗ホテル・名古屋観光ホテルとの合弁会社でしたが、現在は株式会社名鉄犬山ホテルが運営しています。近隣には、日本モンキーパーク明治村リトルワールドなどのテーマパークがあり、入場券付きの宿泊プランも用意されています。

中部国際空港セレントアホテル

中部国際空港セレントアホテル

空港ターミナルビルと直結しており、空港利用者を主なターゲットとしたホテルです。コンセプトは「美しい和」です。食事だけでなく休憩や待ち合わせなどにも気軽に使えるレストランや、様々な用途で使うことができる宴会場も備えられています。「美しい和」のコンセプトに沿って日本伝統の「門構え・玄関」をイメージして作られた入口が特徴です。ユニットバスではなく、浴室・洗面・トイレがそれぞれ独立しています。

名鉄イン名古屋 金山

名鉄イン名古屋 金山

空港と名古屋駅に直結する、金山地区最大級のビジネスホテルです。コンセプトは「すべてはあなたの朝のために」です。シングルルームにも、セミダブルベッドが置いてあることが特徴のひとつです。シングル・タブル・デラックスツインの他に「ワイドバスツイン」と呼ばれる客室があります。この部屋は、客室内に全く段差がないことが特徴です。車椅子の利用者や足の不自由な高齢者も安心・快適に宿泊することができます。

名鉄グランドホテル

名鉄グランドホテル

名古屋駅に直結したシティホテルで、コンセプトは「こころあたたまる、おもてなしのご提供」です。客室は、広く落ち着いたデザインが特徴で、4つのレストラン、目的に合わせて選べる7つの宴会場、ウェディング施設が備えられています。ビジネスプラン・素泊まりプラン・レディースプラン・ファミリープランなど、客層や目的に合わせたバラエティ豊かな宿泊プランが用意されています。