ご希望のホテル・旅館・宿情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホテバンク
ホテル・旅館・宿
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ホテル情報

アパホテルの特徴



アパホテルは、全国でホテルのチェーン展開を行なっている企業です。ビジネスホテル、リゾートホテルを経営しており、ホテル以外にもゴルフ場やスキー場などのレジャー施設の経営も行なっています。

アパホテルの歴史

アパホテルの歴史

1971年に、注文住宅販売会社である「信金開発株式会社」が元谷外志雄(もとや・としお)さんによって設立されました。1973年にアパ建設株式会社、その翌年にアパ住宅株式会社、1978年にアパ総研株式会社、1980年にアパサービス株式会社の設立を経て、同年の1980年にホテル事業を行なうアパホテル株式会社を設立しました。1984年には、ホテル第1号店として金沢片町にアパホテルを開業します。

全国にチェーン展開を広げ、そのあとも1988年にアパグループ株式会社、アパコミュニティー株式会社、アパホーム株式会社、1990年に日本開発ファイナンス株式会社の設立を行ない、1994年には創業者・元谷外志雄さんの妻であり、アパホテルのマスコット的存在である元谷芙美子(もとや・ふみこ)さんが、アパホテル株式会社の社長に就任し、1997年に現在のアパグループとなりました。

その後も、ホテルを増やしていき2004年にホテルの合計室数が1万室を達成しました。なお、アパホテルの中期5ヵ年計画「SUMMIT5」では、2015年にホテル客室数は4万室、売上高700億円、都心3区棟数No.1達成が掲げられています。

アパホテルの特徴(ビジネスホテル)

アパホテルの特徴(ビジネスホテル)

ビジネスマンが出張で利用することが多いため、客室はシングルルームが中心となっています。忙しいビジネスマンのために、自動精算機を利用したチェックインや、ポストにキーを入れるだけのチェックアウトなどが用意されています。また、客室内にあるベッドは、下のスペースを大きくとっているため、キャリーバッグなどのかさばる荷物をしまうことができるため、広々と部屋を使うことができます。館内には長期滞在者向けにコインランドリーコーナーも併設されています。

アパヴィラホテルの特徴(シティホテル)

アパヴィラホテルの特徴(シティホテル)

アパホテルに比べて、高級感のあるブランドのホテルです。東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」徒歩2分に立地しているアパヴィラホテル赤坂見附は、シングルからセミスイートまで5タイプの客室を備え、シンプルで落ち着いた内装となっています。また、空気清浄機や加湿器・ルームシアターなど、充実した設備を備えています。

アパホテル&リゾートの特徴(リゾートホテル)

アパホテル&リゾートの特徴(リゾートホテル)

アパグループはリゾートホテル札幌、東京、妙高高原で展開しています。アパホテル&リゾート東京ベイ幕張メッセQVCマリンフィールド三井アウトレットパークなどのレジャー施設から5分の場所に位置する、50階建てのラグジュアリーリゾートホテルです。

館内には、洋服や小物などの販売店・レンタカー・ネイルサロン・スパなど、様々な設備が備わっており、ダイニングではビュッフェスタイルや夜景の見えるラウンジなどを備えたレストラン、世界各国の缶詰とお酒が楽しめる「缶詰BAR」といった珍しい店まで、バラエティに富んだ食事を楽しむことができます。